医療系専門商社の営業から経理・財務部を目指す理由

「簿記 通勤講座」祝受講者3万人突破キャンペーン中!

みなさんお疲れ様です。無資格社畜の「明後日の社畜」です。

例にもれず今週も死ぬほど忙しかったです。

年度末だからって社員を酷使していいことにはならねぇんだぞ!!

なんて言ってみたいですね。

医療系専門商社で営業として働いている感想

PAK75_ipaddoctor20141025131129_TP_V

 

医療系の専門商社で働いてみて感じるのは、

 

全然医療に興味わかない…

 

 

いや、医療というより営業に拒否反応があるんでしょうか。

営業を続けた先のキャリアビジョンが見えないんですよね。

医療の幅広い知識が求められるけど全く興味ないし、

身に付けても一生営業を続けていくことになるだろうし。

(かなり昇進すれば別だろうけど、営業辞めるために死ぬ気で営業しないと偉くなれない…笑)

医療業界を選んだ理由は「安定性」「専門性」だったのですが、

 

いかんせん営業が向いていない!

 

営業していると胃が痛くなるんだよ!

仕事に就く前に気付けって話ですよね…

でも就職しちゃったんだから仕方ない!転職するまではがんばりますよ。

 

経理・財務部に転職したい理由

post_37_img_01

転職するならどの業界でもやっていける専門性がある能力が欲しいんですよね。

そこで経理・財務部に転職したいんです!

ちなみに、野村総合研究所が発表した「人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」に、

残念ながら「経理」がランクインしているようです…

まぁ基本的に経理は定型的な業務が多いので将来ロボットに仕事を奪われる可能性があるのは当然ですよねー。

人と人とのつながりはなくならないので、

経理より営業のほうが将来も残る仕事でしょう。

しかし、営業という職種は残るかもしれないが、営業をしていて身につくのは自社のサービスの営業術だけです。

営業を続けたって

 

会社が潰れれば専門性がない

ただの無職のできあがりですよ。

 

 

いや別に営業を乏したいわけじゃないんです。(笑)

どの仕事を選ぶにしてもリスクは必ず存在するってことを言いたかったんです。

経理にくらべて営業のほうがノルマ未達によるパワハラに晒される可能性は高いでしょうし、

経理・財務部だって決算期には死ぬほど忙しいでしょう。

 

結局は自分の適正にあった職業を選ぶことが大切ですよね。

私は営業向きの性格じゃないと自負していますが、

コミュ障というわけじゃないので商談や横の部署との連携は比較的スムーズにできます。

また、実は私はすでに1回転職を経験しており前職は金融機関でした。

融資を担当していましたので、金融機関がどのような部分を見て融資判断しているか大体知っています。

その経験と簿記2級(これから取得)の知識を活かして、

経理・財務部に転職したいなー。

経理を経験してから財務よりの仕事をするってルートが理想ですね。

そして将来はCFO(最高財務責任者)に…(笑)

 

いままでの経験を活かして転職理由を作れればスムーズに転職できると思いますので、

学習をしながら、自分の「転職力」を見直すための自己分析を行っています。

 

自己分析と自身の市場価値の確認は@typeの「転職力診断」で

type

 

このサービス「転職力診断テスト」は@typeが独自に集めた職種・年齢別データに基づき

キャリアコンサルタントが開発した自己分析テストです。

これを活用することで自分の理想と現実の自身の市場価値とのギャップを確認し、

そのギャップを埋めるためには何をすれば良いか把握できます。

もちろん無料で利用できますので、

転職を考えていたり、自分の将来に疑問がある人は試してみると良いでしょう。

 

 

私が@typeの「転職力診断テスト」を試してみた結果

kekka1

私が転職力診断テストを行ってみたところこんな結果になりました。

75.1点というのが高いのか低いのかは不明ですが、

現在の年収が400万円くらいですし、

1941位/約8000人という順位なのでこの結果は正直うれしいですね。

それに、「ビジネス基礎能力」「交渉・説得力」が他の能力よりも劣っているということもわかりました。

正直思いあたる節は十分にあるので、これらの点を改善して面接に臨むといいのでしょうね。

 

もちろん結果が出て終わりというわけではありません。

この結果を加味して求人も探してくれます。

いますぐ転職するつもりがなくとも、

 

どんな企業の求人があり

そこで自分の希望がかなえられるか

 

という非常に重要なポイントを確認するためにも一度「転職力診断テスト」行っておくべきでしょう。

理想の求人があるようでしたら、そこに転職するための行動計画を、

「転職力診断テスト」の結果をもとに策定していくと良いでしょう。

 

ほぼ選択式なので簡単

kekka2

 

まず最初に会員登録を済ませ、質問に答えていきます。

質問に対し4択で回答する形式なのでかなり簡単です。

自分の本心を入力していかないと、適正と違う求人ばかり紹介されることにもなりかねないので正直に入力しましょう。

まぁ無料なので1度くらい理想の完璧超人になったつもりで入力するのもいいかもしれませんが。(笑)

 

 

次は転職エージェントに会って相談してみようかな

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V

今回はネットで簡単にできる「転職力診断テスト」を行ってみました。

次は勉強の合間を縫って転職エージェントに直接相談してみようかと考えています。

実際に合って転職市場のプロに相談することで、

現在の自身の市場価値や転職のトレンドを更に詳細に把握できるハズだからです。

3月は仕事が死ぬほど忙しいので相談できるのは4月以降かなぁ…

 

 

»

脱ブラック企業!管理部門に転職するために選んだ教材!

簿記に独学合格するためのおすすめ教材ランキング簿記独学教材ランキング

コメントを残す